ホーム > Kotani Film 制作日誌(17日/8494人) - 一覧表示 - ワード検索

<< Kotani Film 制作日誌 >>


  新作短編映画「あの世」公開
2003/12/10(Wed)

 短編映画の3作目「あの世」を公開した。今回は編集にずいぶん手間取り、クランクアップから実に1ヶ月以上を要している。同じシーンをいくつもの角度から撮影したテイクの数々から最適な組み合せを選ぶのにまずひと苦労。そしてそういうカットを自然につなげるために何度も試行錯誤を繰り返し、時にはたった30秒足らずの映像を納得いくものにするまでに10時間もかかったりした。どうつないでみても65点の映像は作れる。しかしそこからどれだけ上積みできるかが勝負だ。できることなら撮り直しをしたいような箇所もあったが、そういう制約の中で可能な限り自分のイメージに近づけるようにした。
 特に意識したわけではないが、できあがってみたらシナリオにあったものが2割ぐらい削られていた。長編ではむしろ現場でのアドリブなどでシナリオにないものが加わったりして映画に厚みが出たりするが、短編の場合は逆に余計なものを削ぎ落としていく中で歯切れのよいリズムが生まれるようだ。
 ところで今回は音楽家・小谷隆を棄てて僕は映像屋に徹している。音楽の方は北野善知くんというハンガリー帰りのピアニストに任せた。仮繋ぎの段階の映像を観せ、ああでもないこうでもないと何度かメールのやりとりをしてようやくイメージどおりの音を作ってもらった。彼の繊細なタッチから生み出されるピアノのアンビエントな音はこの作品のダイナミズムを確実に倍化させている。最大の賛辞と感謝の言葉を贈りたい。
 しかし何といってもこの作品で光るのは名脇役・近藤善揮さんの演技だろう。Vシネマや舞台でも活躍するこの長身の名優は、ぶっきらぼうな中に温かみのある関西弁で作品に太い芯を通してくれた。主役が太陽で脇役が月だとすれば、ともすればギラギラとしてしまいがちな主役・黒柳陽子さんの存在感を見事なほどにソフトな光に換えて照らし返す役割を果たしてくれたと思う。陽子さんもずいぶんやりやすかったと述懐しているが、確かに撮影の現場にも独特の和んだ時空を持ち込んでくれた。近藤さんの醸し出す独特の「間」にそんな時空を感じていただけるかもしれない。
 主役の陽子さんは近藤さんの存在感に負けじと、追加の撮影も厭わず体当たりの演技で応えてくれた。その表情の深さはセピアの陰影によく映える。得難き女優だと思う。



小谷隆


最初から読む]   [最後から読む] 
最近の「Kotani Film 制作日誌」
'03/11/15(土) カメラワーク一つで人形も名優に
'03/10/25(土) 「Micro Theater」スタート
'03/03/19(水) 世界最小の映画祭?
'03/01/01(水) 新年早々「運命」公開。

過去の「Kotani Film 制作日誌」
2002年10月 2002年11月 2002年12月 2003年01月
2003年03月 2003年10月 2003年11月 2003年12月


- 1.02 -